肌トラブル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
肌のトラブルの多くは、発疹です。そして発疹がある場合は、通常、かゆみが伴います。
しかし、なかには、発疹はないけれども皮膚がかゆいということがあります。このような場合、もちろん、皮膚科の領域の疾患ということもありますが、何か内臓の疾患が原因で皮膚にかゆみが現れることがありますので、かゆみ以外の症状はないか、注意深く観察して適切な科を受診することが大切です。
たとえば、発疹はないけれども皮膚にかゆみがあるというときは、そのかゆみがどのような場所に、どのように分布しているか、に着目します。

たとえば、発疹がなく陰部・肛門周辺にのみかゆみがあるという場合でしかも白色のおりものが見られる、といった場合は、「カンジダ症」が疑われることがあります。黄色のおりものの場合は、「膣トリコモナス症」の可能性があります。これらの症状があるときには、皮膚科もしくは婦人科の受診が適切です。

ただし、発疹がなく、陰部・肛門周辺のかゆみという点では同じでも、夜間のかゆみや食欲不振という症状がみられる場合は、「ぎょう虫症」の疑いがあります。これは「ぎょう虫」が盲腸およびその周辺に寄生し、夜中に肛門外に這い出してきて肛門周辺に産卵することから強いかゆみをおぼえるというものです。この場合は、その人の家族全員がぎょう虫の検査を受ける必要があり、内科を受診することになります。

一方、全身にかゆみがあり、黄疸(おうだん)や全身の倦怠感があるという場合は、「肝硬変」が疑われます。この場合は皮膚科ではなく、内科を受診すべきでしょう。


07/03|肌トラブル110番 かゆみ||TOP↑
ブックマーク
肌トラブル110番 メニュー
新着コンテンツ
リンク
クリックお願いします
全記事表示リンク
肌トラブル110番のデータ
タグ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。