肌トラブル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
人間の肌は皮脂膜で覆われています。皮脂膜というのは、皮脂腺から分泌される皮脂と汗が交じり合ってできたもので、角層からの水分の蒸発を防ぐ、天然の保護膜の役割としています。さらにこの皮脂膜の下には、角層(角層細胞が重なりあった層で、皮脂膜と同様、天然の防御膜の働きをしています)や、天然保湿因子(肌が作り出す水溶性のアミノ酸、塩類で、水分を捕まえて離さない性質をもちます)、および角層細胞間脂質(角層細胞と角層細胞の間を埋めている脂で、これも角層の水分を保持し、うるおいと保つ働きをしています)などがあります。

外界には、細菌や化学物質、紫外線、ほこりが溢れ、お肌のトラブルを引き起こそうと待ち構えています。また季節の変り目やエアコンによる乾燥もお肌の大敵です。

人間の皮膚を構成する、皮脂膜や角層をはじめとするこれらの構成要素は、身体の外側から有害なものが入ってくるのを防ぎ、かつ内側の必要な水分やうるおいを逃がさないようにする天然の保護機能を担っているのです。

洗浄は、身体の汚れを落とそうとするあまり、これら、お肌の天然の保護機能まで奪ってしまうことがあります。洗顔後に肌がつっぱったり、かさかさしてかゆみを感じることがあるのは、そのためです。
そこで、洗浄後には、これらの「落としすぎてしまったうるおい」を補うケアが必要になります。これが保湿ケアです。

洗浄料が進化し、しっかりと汚れを落とせるようになった分、保湿ケアでしっかりとうるおいを返してあげることも必要になったというわけです。


01/04|肌トラブル110番 スキンケア・保湿||TOP↑
ブックマーク
肌トラブル110番 メニュー
新着コンテンツ
リンク
クリックお願いします
全記事表示リンク
肌トラブル110番のデータ
タグ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。