肌トラブル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
にきびは、青春のシンボル!・・・と、いわれることもあるように、思春期に多くみられる肌トラブルの代表的なものです。
思春期になり男性ホルモンの影響で脂腺が発達し、皮脂の分泌がさかんになったときに、毛穴の出口が狭まったり、ふさがれたりして毛穴に皮脂がたまったものです。皮脂がたまった状態を「白にきび」、それが固まるといわゆるにきびの芯ができます。これが「黒にきび」です。さらに普段から毛穴のなかに潜んでいる細菌(P.アクネスなど)が増殖して皮膚が分解されて、刺激が起こり、ますます毛穴がふさがって悪循環を起こした結果、炎症を起こしたものが「赤にきび」です。ケロイド体質の場合、にきびが赤いしこりとなって残ることもあります。

治療は、石けんを使ってよく顔を洗うことが第1です。硫黄を含むローションで毛穴の表面の皮を薄くはがし、皮脂が流れ出しやすくします。いわゆるにきびの芯がある場合は、蒸しタオルで蒸したあとに専用の圧出器を使って押し出します。炎症が強いときには抗生物質を内服したり、クリームの外用を用いることもあります。その他、漢方薬治療が試みられることもあるようです。

ただし、にきびはあくまで青春の一過性のもので、時期がすぎれば自然に治るものです。薬によるよりも、普段のスキンケアや規則正しい生活が大切かもしれませんね。こまめに洗顔し、精神的なストレスを避けましょう。

にきびがあるとどうしてもつぶしてしまいたくなりますが、特に赤くなっている場合は、つぶしてはいけません。あとにシミになったり、あばたが残ったりします。


02/05|肌トラブル110番 にきび・あせも||TOP↑
ブックマーク
肌トラブル110番 メニュー
新着コンテンツ
リンク
クリックお願いします
全記事表示リンク
肌トラブル110番のデータ
タグ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。