肌トラブル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
肌トラブルのなかでも最も恐ろしいもの、それは皮膚がんです。皮膚がんのなかでも最近、特に増えており、注目されているのが、「悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)」と呼ばれる癌です。「メラノーマ」とも呼ばれます。転移が早く、死亡率が高いのが特徴です。表皮と真皮のあいだにメラニンをつくる細胞があり、ここに癌が発生したものです。

日本でよく見られるのは、「結節型黒色腫(けっせつがたこくしょくしゅ)」と、「末端部黒子様黒色腫(まったんぶこくしょうこくしょくしゅ)」です。前者は予後が最も悪いとされるもので、後者は転移が早いことで知られています。20~60歳代に発症し、癌の大半が足の裏と下肢に発生します。ついで顔や上肢です。爪下に発生することもあります。

特に最近問題となっているのは、女性の足の裏にできる悪性黒色腫です。前癌病変が長く、病巣を形作り、浸潤が早いという特徴があり、症状は、黒いほくろ状の色素沈着です。皮膚面からもりあがっています。60パーセント以上が、前からあった色素斑(ほくろのようなもの)が急速に大きくなり、色が変わってきたものです。何か異変に気づいたら、一刻も早く専門医に受診してください。

足の裏などにほくろがある人は、定期的に確認し、異常が起きていることはないか、気をつけて早期発見に努めましょう。

メラノーマの場合、5年生存率は約60パーセントです。小さな癌のうちに発見できれば90パーセントを超えます。ただしリンパ節への転移がある場合、30パーセント以下に落ちてしまいます。


スポンサーサイト
08/10|肌トラブル110番 癌(がん)||TOP↑
ブックマーク
肌トラブル110番 メニュー
新着コンテンツ
リンク
クリックお願いします
全記事表示リンク
肌トラブル110番のデータ
タグ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。